やってはいけない予想法 2年連続回収率100%越え。ウマニティに予想登録。

2年連続回収率100越えウマニティに載せているので誤魔化し無し、回収率を高めて競馬で儲ける為のブログ。

回収率を上げる為には的中率を下げないとダメ。逃げ馬を狙え。

例えばこんなデータが有ります。

逃げ
15-14-11-115
勝率9.7%単回値220%複勝率25.8%複回値142%

先行
71-66-54-342
勝率13.3%単回値132%複勝率35.8%複回値100%

差し
44-49-61-613
勝率5.7%単回値53%複勝率20.1%複回値63%
追込
11-11-17-562
勝率1.8%単回値23%複勝率6.5%複回値32%
マクリ
5-6-5-20
勝率13.9%単回値45%複勝率44.4%複回値148%

見て貰えば解る通り、先行した馬が一番馬券に絡んでいます。

しかし、単回値及び複回値の回収率は逃げが1番です。

馬券は当てたい人が多いので一番よく馬券に絡む先行や差しが売れますが、基本的には逃げが1番回収率が高いのです。

当てる確率を下げてでも回収率を上げないと長い目で見ると勝てないのですが、競馬新聞などは購入者に当てるためだけの予想しか教えてくれません。

よく逃げ馬だけを買っていれば儲かると言われていますが、実はこれは結果論です。

どういう事かと言うと逃げる馬を予想出来ないからです。

逃げると思っていた馬が逃げた時よりもこの馬が逃げるのかよって時の方が回収率が高くなります。

脚質はある程度信頼出来るのですが、いろんなデータを集める事が重要です。

例えば、
☆1
前に行く積極的な騎手を狙う。
☆2
前走距離が短い。
☆3
厩舎やオーナーの指示。
☆4
内枠になった。

こんな所があると思います。

☆1
これは騎手が全く解らなくても回収率を見れば良いと思います。
中山など特殊なコースではかなり偏っていますので面白いです。

☆2
これは走る距離を馬が解っていないので前走と同じように走ろうとするからです。

☆3
これは解りやすいです。
そのまんまですので。

☆4
これは同系馬がいる時に包まれたく無いし、前に行こうとするハズ。

iPhone売りたいなら

競馬って本当に回収率を上げる為のデータが必要です。あの馬券裁判で有名な卍さんの本です。
私も読んで見て馬券は人の心理で売れるものだと解るようになり今こうして1年間通してでもプラスにする事が出来るようになりました。
まだ、読んだ事が無い人が居たら是非とも読んで欲しい。

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方